施工事例

岡山市北区:F様邸 ペットリフォーム 改装工事 クッションフロア 

建物タイプ
賃貸マンション 
施工個所
LDK・洋室
施工期間
1日
依頼内容
愛猫ちゃんと安心して生活ができるように、クッションフロアを置敷きしてほしいとのご依頼をいただきました!

今回施工させて頂いたお部屋は「賃貸マンション」です。
その為、クッションフロアを張ることは難しい為、「置敷き」をさせて頂きました。

フローリングの上にクッションフロアを置敷きします。

「置敷き」とは、接着剤などを使用して固定することなく、床に置くだけの方法です。
これなら、賃貸物件でも安心して施工することができます☆
接着剤が付いてない為、しっかり固定しないのでは・・・と思われるかもしれませんが、
そこが職人の腕の見せ所!きちんとズレないように敷くことができますよ♪
ズレないように、下のフローリングを傷めない様にする為に、技があります!
その技は↓でご紹介☆
Before
After


フローリングを傷つけない為に、ひと手間加えて施工しています!

ただクッションフロアを置くだけだと、ズレてしまう可能性があります。
我が社では、ズレを防ぐ為に工夫をしています。

●まず、跡が付きにくい、粘着力が少ないピンク色の養生テープをフローリングへ付けます。
●その上に両面テープを付けてクッションフロアを貼ります。

こうすることで、生活していてもクッションフロアがズレることなく、退去の時にはフローリングを傷めずにクッションフロアを撤去する事ができます☆
After



賃貸物件でもできる施工はあります☆

賃貸物件は、持ち家とは違い、自由に施工をすることはできません

思い通りの内装にする際には、大家さんにしっかりと確認をする必要があります。

施主様のご希望・・。

ペット可の賃貸マンションだけど、賃貸なのでフローリングに傷をつけたくない。

でも、かわいい愛猫ちゃんと一緒に住みたい。

「傷つけないでー!」と思わずに、安心して一緒に生活がしたい。

ということで、傷がつきにくいクッションフロア

退去の時に撤去しやすい置敷きを提案させて頂きました!

これなら、大好きな愛猫ちゃんとも何も気にすることなく楽しく生活ができます!

愛猫ちゃんだけではなく、愛犬ちゃんや小さなお子様がいる方にもいい施工ではないでしょうか。

賃貸物件でも、安心して施工出来る方法もご提案させて頂きます♪

ぜひご相談ください!